さまざまな利用者を抱える施設

特別養護老人ホームは、介護施設の中で重度の利用者が最も多い施設といわれている。現在、高齢者の増加と同時に、介護スタッフの人材確保が急がれているのだ。施設を増設したところで、高齢者を支える介護スタッフがいなければ、在籍しているスタッフだけで回さなくてはいけなくなる。
特別養護老人ホームはさまざまな要介護者を抱えているだけに、対応の仕方も変わるのだ。利用者は、それぞれ職歴や事情も全く違ってくる。特別養護老人ホーム自体は集団生活の場所だけに、施設によって全く雰囲気が変わってくる場合もあるだろう。集団生活に馴染める人・馴染めない人がいるものの、それぞれ今までの生活を端的に表しているのだ。一人暮らしだった人は自由に行動できない・認知症など重い病を患っている人は周りの入所者に危害を与えてしまわないかなどということも、特別養護特別養護老人ホームで働く以上は、従来の仕事内容以外にも一人一人への対応も重要になる。
特別養護老人ホームに入ってくる利用者は、他施設では対応できないといわれても過言でない人ばかりだ。そのため、手のかかる利用者が多いというのは事実といえる。特別養護老人ホームの利用者は、自力で生活できる人から介護が必要な人までさまざまだ。介護スタッフ一人で介助できる人もいれば、介護スタッフ二人での介助が必要な人もいる。特別養護老人ホームは大人数の利用者を抱えているものの、入所待ちをしている人もいるのだ。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です