利用者が一番多い介護施設

特別養護老人ホームが略して「特養」という通称で呼ばれていることは、介護業界では知れ渡っている。介護施設には、認知症対応のグループホーム・老人保健施設・住宅型有料老人ホーム・有料老人ホーム・特別養護老人ホームがあるのだ。介護施設の中では、特別養護老人ホームが一番ランクが上なのである。特別養護老人ホームに入居希望の老人が多いのも事実で、ここに入居できれば最期もここといわれるほどだ。
特別養護老人ホームで働く場合、雰囲気を味わう余裕はあまりない。スタッフは、利用者の対応に迫られる。しかも、利用者の人数が多いだけに、少数のスタッフでは対応困難な場面が多いのだ。ここに入れる利用者に年齢は関係なく、介護の度合いが重度な人だけである。要介護3以上が必要なので、これを満たしていなければ入ることはできない。しかし、介護規定が改定されるまでは、軽度の利用者もいたようだ。認知症を持っている利用者もいるので、それに振り回されることもある。介護の仕事が未経験の人が特別養護老人ホームで働くとなると振り回されないよう注意が必要だ。また、未経験のスタッフを教育しなければならない既存スタッフは、役割が大きい。
特別養護老人ホームは、介護施設の中でも一番利用者が多いので、他の介護施設に入っている人もいずれは特別養護老人ホームに入所する可能性を秘めている。特別養護老人ホームでは、現状維持を目標に介護サービスを提供しているようだ。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です