特別養護老人ホームで働くメリット

戦後、核家族化が進むとともに、高齢者と一緒に暮らす経験を持つ若者が少なくなっている。かつて大家族が一般的だった日本社会では、家庭に高齢者がいることが当たり前だった。しかし、現代において事情が変わると、高齢者との接し方が分からなくなる。そのようなことから、初めて特別養護老人ホーム働く場合、高齢者を相手にどのような話や対応をすればいいのか分からないと悩む人が多いようだ。
世代間の大きな格差から、話が合わないと考えるかもしれない。しかし、介護の仕事を目の前にして、気負って緊張する必要はないといえる。高齢者に対しての配慮を持ちつつも、家族や友人と接するように介護の仕事をすればいいのだ。高齢者も人間であり、自身や家族と異なる部分は少ない。高齢者も同じ人間であるということを改めて認識すれば、特別養護老人ホームで働くことが初めてでも仕事がスムーズにいく。また、彼らは人生の先輩であり、多くの経験を得ている。そのため、高齢者と接して得られることは多いだろう。時には、悩みを抱えている介護職員の相談相手にもなってくれるかもしれないのだ。
特別養護老人ホームでの仕事は、高齢者に介護サービスを与えるだけではない。仕事を通じて、多くのものを高齢者から受け取ることができる。こうして互いに認め合える関係ができている施設は、雰囲気が明るく居心地がいいものだ。これから高齢化が進むにつれ、若い人たちの人材がますます求められるだろう。これまで高齢者と接する機会があまりなかった若者たちにこそ、特別養護老人ホームで介護の仕事をするメリットは大きい。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です